羊羹・和菓子 鈴木亭 HOME » 鈴木亭の歴史

鈴木亭の歴史

創業者”茂助”が富山の地に鈴木亭を開業したのは、
慶応2年(1866年)。
慶応2年は坂本龍馬や新撰組が活躍した幕末期
今から約150年前のお話です。

初代岩城茂助は幕府御用菓子司"鈴木越後"(当時最高級品の羊羹を製造)で15年修行し、”鈴木”の名字、『鈴木亭』の屋号と『三つ鱗の商紋』を賜る。

※”鈴木越後”についての補足
江戸時代、「江戸名代名物案内番付」なるものがあったそうです。(画像参照)
今の世で言うランキング番付みたいな物ですね。
そこで当時の最高位”大関”を取っていたのが鈴木越後の羊羹。

当時は、現在の価値で1棹50,000円ほどする超高級品、贅沢品だったようです。
希少だった上白(上白糖)を使い、庶民が食べられる品では無かったようです。
”鈴木越後”の名を次ぐ御菓子屋は鈴木亭のみで、江戸練羊羹の伝統を受け継いでおります。(鈴木越後さんの本家さんは京都でお茶の先生をしておられます)

富山に帰り、開業の際に初代鈴木茂助が、
県木である立山杉の年輪を模した木目模様の綺麗な羊羹を製造。
どこを切っても綺麗な木目模様が現れる杢目羊羹(もくめようかん)は、
「年輪を刻む」縁起が良い品として慶弔に御引き立て頂いております。

江戸煉羊羹の伝統を受け継ぐ杢目羊羹は、柔らかめで上品な甘さです。

昭和・平成・令和天皇が富山県に来県された際、献上し食べて頂いた一品です。
6代にわたり受け継がれる職人の技と上品な甘さをぜひお楽しみ下さい。

【歴代】
初代 岩城茂助(鈴木茂助)
二代 米次郎
三代 吉之助
四代 宇五郎
五代 孝
六代 真

江戸名代名物案内番付
▲拡大してみる(PDF)

江戸名代名物案内番付

皇室献上・各種受賞歴

1969年 天皇皇后両陛下が全国植樹祭で来県された際、杢目羊羹を献上。
1977年 第19回全国菓子博覧会 名誉総裁賞 静岡
1984年 第20回全国菓子博覧会 審査功労賞 東京
1989年 第21回全国菓子博覧会 名誉総裁賞 松江
1993年 第22回全国菓子博覧会 栄誉無鑑査賞 岩手
1999年 皇太子雅子様ご夫妻がインターハイで来県された際、杢目羊羹を召し上がる。
2017年 第27回全国菓子博覧会 農林水産大臣賞 三重
2018年 天皇皇后両陛下が全国植樹祭で来県された際、”白杢目”を召し上がる。
枠流し羊羹

INFORMATION

お祝いに
お喜びに 寿
法事・法要
セントラム羊羹
お歳暮ギフト
鈴木亭の歴史
鈴木亭商品の取扱店舗
催事案内
鈴木亭の日記
大きい数量でのご購入をご希望のお客さまへ
配送・送料のご案内
アルバイト募集のご案内
クロネコwebコレクト

PAGE TOP

株式会社鈴木亭
〒930-0062 富山県富山市西町6-3 TEL:076-421-4972 FAX:076-425-7193

COPYRIGHT © 羊羹・和菓子 鈴木亭 ALL RIGHTS RESERVED.