羊羹・和菓子 鈴木亭 HOME » 鈴木亭の歴史

杢目羊羹の特徴

杢目羊羹の特徴

創業の慶応二年(1866年)から受け継がれる逸品”杢目羊羹”
江戸幕府御用菓子司”鈴木越後”で15年の修行を終えた初代”茂助”。
江戸から富山に帰ってついに開業となった時、考えました。
「皆が目を見張るような羊羹はできないものか」と…

その時ふと浮かんだのが、立山の深山幽谷に林立する立山杉。
「あの立山杉の木目模様を羊羹に取り込めないものか」
と試行錯誤を繰り返し、創り出したのが”杢目羊羹(もくめようかん)”です。

杢目羊羹の特徴

小豆の”紅”と白隠元豆の”白”で表現された木目模様。
”年輪を刻む”というたいへん縁起の良い羊羹(喜事、仏事ともに)
どこを切っても綺麗な木目模様が現れます。
甘さ控えめ、あっさりとした羊羹です。
一般の羊羹より柔らかく、キメが細かい。冷やしても美味しい。

鈴木亭で150年にわたり受け継がれている製造方法は秘中の秘。
(製法特許を取得した羊羹です。)

※2015年5月 三遊亭円楽さんの『なんでも大江戸番付』(BS朝日)に取り上げられました。 ”江戸じまん名代名物ひとり案内番付”の大関(当時の最高位)を獲得したのが鈴木越後の羊羹でした。
その時の様子はこちら https://www.suzukitei.com/blog/201505091.html

杢目羊羹のページへ

お年賀に 福梅・和菓子

INFORMATION

お祝いに
お喜びに 寿
法事・法要・御霊など
セントラム羊羹
羊羹 お歳暮ギフト
鈴木亭の歴史
鈴木亭商品の取扱店舗
催事案内
鈴木亭の日記
大きい数量でのご購入をご希望のお客さまへ
配送・送料のご案内
アルバイト募集のご案内
クロネコwebコレクト

PAGE TOP

杢目羊羹 鈴木亭
〒930-0062 富山県富山市西町6-3 TEL:076-421-4972 FAX:076-425-7193

COPYRIGHT © 羊羹・和菓子 鈴木亭 ALL RIGHTS RESERVED.